Live Schedule

2019/06/14(金)

中村泰士×真奈尚子 ~大人でnight~

中村泰士×真奈尚子 ~大人でnight~

OPEN / START

入替制
《1st. STAGE》OPEN 16:00 / START 17:00
《2nd. STAGE》OPEN 19:00 / START 20:00

PRICE

《前売》4,000円
《当日》5,000円
《通券》7,000円

TICKET INFORMATION

★受付開始
2019年4月26日(金) 10時~ ホテル3階フロントにて発売
プレーガイドでの販売 ローソンチケット、CNプレイガイドでの販売を予定しております。

※ 指定席【A席ベンチシートとB席ボックスとC席カウンター席】と自由席【F席フロアー席、S席ステージ席】がございます。
※ 指定席はチケット代とは別に、席料がかかります。詳しくは店頭 (ホテル受付TEL 0742-30-2100)までお問い合わせください。
※ 自由席はローソンチケットでもお買い求めできます。
※ 当日一度お席を決められてからの途中変更はご遠慮願います。
※ 整理番号はありません。座席は先着順です。

 

★ ホテルフロントでのチケット販売の注意事項
・受付日(連絡日)より10日以内にホテル3階フロントにてご購入ください。
・郵送をご希望される場合は別途お申し出ください。
    ※郵送の場合、手数料として400円がかかります。
    ※振込手数料はご負担いただいております。
    ※お振込頂いた方は、当日ホテル3階でも受け取り可能です。

 

MEMBER

中村 泰士
真奈 尚子
綛田 陽啓 (Key)
宮川 真由美 (Pf)

INFORMATION

《 中村泰士 プロフィール 》
奈良県出身
1957年 美川鯛二として東芝より歌手デビュー。
1968年 佐川満男の「今は幸せかい」で作曲家に転身。
1972年 ちあきなおみ「喝采」で第14回日本レコード大賞
1982年 細川たかし「北酒場」で第25回日本レコード大賞と、日本レコード大賞を二度受賞するなど、ヒットメーカーとして知られている。
1997年 ライブコンサートを実施。
2001年 シニアライスポップスツアー」を開始。2002年には、 近畿8会場16公演で、 動員25,000人に及ぶ盛り上がりとなる。
2003年 歌手デビュー。CDタイトルは、『人生満喫』
2008年 作家生活40周年を迎え記念曲「俺…」を発表。 民間から、ヒット曲を生み出したいと、大衆音楽文化推進ネットワークを立ち上げて活動。
2010年 極付.早乙女太ー全国ツアー2010」の舞台音楽全般を手掛ける。
2011年 音楽サイト、音楽工房泰士」を立ち上げる。http://ongakukobo-taiji.com
2012年 CD付きエッセイ 『まがって、 シャン!』を出版する。
2014年 道頓堀 SUPER 歌謡劇場の音楽プロデュースを開始。 この活動は現在も続いている。中村泰士製作総指揮、 ル ・ ベルベッツが歌唱した 「流行歌生誕百周年記念 アルバム・ むかしは、今」が日本レコー ド大賞企画賞を受賞。
2015年 カラオケレインボープレゼンツ「第一回大阪歌謡フェステイバル」を演出する。石原プロ公認の歌謡女子ユニット 「じゅくぜん果実」を自ら が手 がけた石原裕次郎の楽曲カバーでデビユーさせる。
2016年 音楽情報配信サイト「うたずき.net」を立ち上げる。 http://うたずき.net
2017年 4月大阪城ホールにて、1万人の歌謡曲の総合プロデュースを手掛ける。 現在は、大阪を歌謡曲の聖地に、歌謡曲の普及のために 日々精進している。
2018年 大阪観光大使に任命される。 作詞 ・ 作曲家50周年を迎える。

■主な代表作 「夢は夜ひらく」園まり/「今は幸せかい」佐川満男/「喧嘩のあとで口づけを」いしだあゆみ/「愛は傷つきやすく」ヒデとロザンナ「大阪の女」ザ・ピーナッツ/「砂漠のような東京で」いしだあゆみ/「喝采」ちあきなおみ/「黄色い麦わら帽子」松崎しげる 「わたしの青い鳥」桜田淳子/「心のこり」細川たかし/「北酒場」細川たかし/「そして…めぐり逢い」五木ひろし

 

《 真奈 尚子 プロフィール 》
奈良県出身
1989年〝殿方のアイドル感性のままに…〟のキャッチで『あなたのタンゴ』でビクターよりデビュー。
1994年 作曲家 吉田 正 氏に見初められ マヒナスターズ33代目ヴォーカリストとなり「夜がわるい」のカヴァーでヒット賞を受賞。
吉田正作曲家生活50周年記念パーティで、レコード大賞曲「誰よりも君を愛す」を唄う歌手を吉田先生自らが真奈尚子と決定。 濃厚な松尾和子に対し、一途で透明感のある歌声は、『新生 ムード歌謡の女王』として注目を集めるようになる。
2002年 竹久夢二 生誕120周年記念 松竹映画「およう」の主題歌『離さないで』をリリースし、女優としても出演。
2004年 大阪ブルーノートでジャズに挑戦。
2007年 20周年記念アルバム『逢 ai』を自ら総合プロデュースで制作。
2009年 菅原洋一大先輩とのジョイントライブを実現。
2011年 作曲家 吉田正生誕90年作品として『小さな酒場』をビクターよりリリース。
2013年 ライブ収録、スタジオ収録を含めたアルバム『逢ひと夜』をビクターよりリリース。
2017年 62年の歌唱生活を終えたデュークエイセス 大阪最後のコンサートにスペシャルゲストとして出演。
2018年 大阪ブルーノート、ビルボードライブ大阪 通算11回目の公演 (ゲスト 竹中直人)を果たす。 被災地で復興支援コンサートを開催、チャリティ活動も続け、青蓮院門跡、春日大社、石山寺などで寺院コンサートも開催。多くのラジオパーソナリティも経験。

歌謡曲、シャンソン、タンゴ、ジャズ、幅広いジャンルを歌い、日本人が誰しも一度は口にする艶歌を思わせる情感と、西洋思考が混ざり合い、華やいだ中にどことなく懐かしいものを漂わせる…彼女が放つ独特な世界を感じてもらいたい。

↑PageTop